本文へスキップ(アクセスキー[1])

5月25日~27日 自動車技術展『人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA』に出展

この度、弊社は2022年5月25日(水)から5月27日(金)にかけて、パシフィコ横浜・展示ホールで開催される

自動車技術展『人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA』に出展いたします。

展示内容は、以下に掲載しますが、新製品から参考出品まで多数の見どころをご用意しております。

どうぞご来場の上、Asker製品をお手に取っていただきたく思います。

会期 2022年5月25日(水)~27日(金)
会場 パシフィコ横浜・展示ホール
小間番号 372
主催 公益社団法人自動車技術会
HP https://aee.expo-info.jsae.or.jp/ja/yokohama/

展示内容

『自動ゴム硬度計P2-X(仮称)』参考出品

自動ゴム硬度計 DD5シリーズ

ピークホールド・タイマホールド機能搭載のデジタルゴム硬度計
JIS K 6253に準拠したタイマホールド機能
USB接続による測定データの外部出力

ピークホールド・タイマホールド機能を用いた硬さ測定が可能で、USB接続により測定データを外部に出力できます。

さらにモータ駆動式定圧荷重器CLE-150シリーズと組み合わせることで、より精密で再現性の高い硬さ測定を実現します。

モータ駆動式 定圧荷重器 CLE-150シリーズ

JIS K 6253:2006に準拠した硬さ測定に最適
モータ駆動式による安定した降下速度制御
最小0.1mm/sから任意の速度設定が可能

ゴム試料などの硬さ測定をゴム硬度計で行う場合、測定荷重や降下速度の違いにより、測定結果に誤差が生じる可能性があります。これらの誤差要因を解消するため、CLE-150シリーズは降下速度制御にモータ駆動式を採用し、精密で再現性の高い定速・定圧の硬さ測定を実現しました。

ステッピングモータによる安定した降下速度制御で、最小0.1mm/sから任意の速度設定が可能です。また、ゴム硬度計加圧面と試料測定面を確実に密着させるフレキシブルジョイントを採用しており、精密で再現性の高い硬さ測定を実現しました。

マイクロゴム硬度計 MD-1 capa

小型・軽量・薄型化する現代のテクノロジー。
MD-1capaは、ミクロサイズの試料を
シンプル操作で高精度に測定。

各種ゴム材料、熱可塑性エラストマー、軟質プラスチックなどの薄物・小物試料用の硬さ測定機です。

今までのゴム硬度計では困難とされてきた《部品そのものの硬さ》測定を、短時間かつ高い再現性で実現しました。

【測定対象】

Oリング/パッキング/ゴムシート/小物成型品/ロール/ベルト/ホース

全自動IRHD マイクロゴム硬さ測定システム

国際ゴム硬さM法に準拠した全自動方式の
硬さ測定システムです。

操作性と品質向上をコンセプトに、高精度デジタル技術、サーボモータ技術の結集により設計された、これからのラボに相応しいIRHDゴム硬度計です。

[ヒルデブランド社製]

【準拠規格】

JIS K 6253/ISO 48/ASTM D 1415/BS 903/DIN 53519