アスカーゴム硬度計CSC2型

アスカーC型、C2型で測定可能な範囲より更に軟い軟質スポンジなどの硬さ測定で使用されるゴム硬度計です。

円筒形インデンタが試料を広い範囲で押さえるため、ウレタンフォームやスポンジ、ウェットスーツなど発泡体の測定に適しています。

特徴

■押針(インデンタ)

押針の形状は高さ2.54mmの円筒形です。

■加圧面

試料と接触する加圧面はφ50mmと広く、安定した測定が行えます。

■選定チャート

選定チャート

デュロメータ(ゴム硬度計)は上図に示しているように、試料の種類に応じて様々なタイプが製作されています。ゴム用としてはJIS K 6253-3準拠のタイプAデュロメータ(アスカーA型)が最も一般的です。しかしながら硬度計は20~90ポイント間を指示している時、最も有意差が出るとされているので、例えばタイプAデュロメータで測定して90ポイント以上を示すような硬い試料にはタイプDデュロメータ(アスカーD型)を使用する方がよいでしょう。逆に、20ポイント以下を示すような軟らかい試料にはアスカーC型、もしくはタイプEデュロメータ(アスカーE型)を選定します。つまり、試料に応じた最も適切な機種を選定することが重要なのです。

仕様

測定目盛
0ポイント~100ポイント(262°目盛)
最小目盛
1ポイント(検定精度±1ポイント)
押針形状mm
高さ2.54 φ10円筒
スプリング荷重mN(g)
0ポイント
539(55)
100ポイント
4460(455)
加圧面中心穴mm
φ10.5
加圧面寸法mm
φ50(円形)
外形寸法mm
約 幅50×奥行50×高さ76
重量g
250
用途
ウレタンフォーム・スポンジ・ウェットスーツ

オプション

置針付ゴム硬度計

置針により最大値の読み取りを容易に行うことができます。特に応力緩和現象の起こる試料(押しつけ直後に指示が下がるような試料)などの測定や、正面からの読み取りが困難な場合などに正確な測定を実現できます。

針高ゲージ

  • 硬度計の最大押針高さと、指示機構検査のためのゲージです。
  • 検査ポイントは2・50・100の3点。